酵素が無くなると死んでしまう!?生命の源である酵素とは?

MENU

酵素が無くなると死んでしまう!?生命の源である酵素とは?

酵素とは身体にとって必要不可欠な成分です。

 

生命のあるところには必ず酵素が存在しているといわれています。酵素は生命の源であり、原動力にもなっているのです。

 

体内で作りだすことができますが、それには限りがあります。尽きてしまうと生命を維持していくことさえ出来なくなるので、外部から補っていく必要があるのです。

 

20歳を過ぎた頃から酵素を作り出す機能が衰え始め、40歳をピークに70歳頃になると全く作られなくなるそうです。

 

胃腸、肝臓、腎臓、肺、血液、脳などすべての器官に酵素は存在していて様々な働きを担っています。酵素は遺伝子に組み込まれているのでそれを使い切ってしまうと非常に危険な状態になるのです。

 

酵素は大まかに分けると4つになります。

 

まず種類では代謝酵素と消化酵素です。人の代謝機能に関わるものと人の消化機能に関わるものです。

 

それから存在方法として潜在酵素と食物酵素があるのです。潜在酵素は身体の中に元々存在しているもの、食物酵素が体外から取り入れるもので体外酵素とも呼ばれます。

 

また、酵素というのは一つの働きしかすることができません。例えばアミラーゼという酵素がありますが、これはデンプンを分解するという役割を持っています。

 

しかし、アミラーゼはデンプンにのみ効果があり、たんぱく質には作用しないのです。一つに一つの働きしか出来ないので非常に多くの酵素が存在していることになります。

 

それから熱に弱いという特徴もあるため、加熱するとその働きが鈍ってしまうこともあります。

 

えっ!意志の弱い私でも絶対に失敗しない酵素ドリンク?


 


もうダイエットで悩むのはやめにしてください。


コスパ抜群で最強の酵素をお探しのあなたへ…


→失敗続きの私でも成功した○○とは?